一戸建ての売却に売値を付けるためには土地・建物の相場の査定が大事

スポンサードサイト
不動産無料一括査定案内ページ

 


正しい相場から乖離のない家の売値を付ける その理由と方法

一軒家には必ず売却価格の相場

 

というものがあります。

 

一戸建てのような家を売却するとき、

 

「自分の家の売却価格の相場を知る」

 

ことができれば、

 

極端に高い・安い値段を付けることなく、
スムーズな売却をすることができる
確立が大きくなります。

 

家の売却価格の相場を知りたい

 

しかし、不動産を扱うような仕事をして
いない方なら、相場の金額を知るのは
少し難しいかもしれません。

 

 

 

皆さんこんにちは。

 

当サイトは建設事業と不動産事業を行って
いる京都の「不動産ガイドドットコム」
が運営しています。

 

今回は一軒家の売却価格の相場を知る方法
について、詳しく解説していきます。

 

理解を深めていただくために、

 

ぜひ最後まで読んで見てください。

 

相場から見た家を売るための手順

家を売るためには正しい手順があります。

 

中でも、迷うことが多い

 

いくらで価格を提示すれば間違いないのか?

 

についての目線から、

 

最もメリットの高い手順と方法について
考えてみましょう。

 

誰に売ればいい?

 

家を売りたい場合、

 

誰に売る?

 

のかというと、

 

「家とその土地を欲しいと思う人」

 

もしくは、

 

「不動産業者に売却する」

 

というのが一般的です。

 

今回は、「一軒家とその土地を欲しいと思う人」
を探して売却する場合について考えてみます。

 

(不動産業者に売る場合、知っておきたい注意点は?)

 

一般の家の持ち主の人が、

 

「家を買いたがっている人を探したり、募集する」

 

のはなかなかの困難です。

 

ですので、一般的には宅地建物取引士
(たくちたてものとりひきし)がいる
「不動産業者」に仲介の依頼をして、

 

あなたの家を買いたい人を探してもらうのです。

 

自分で買い手を探すメリット

 

もし、あなたが人脈の多い人なら
片っ端から、

 

「私の一軒家と土地を売りたので買ってくれませんか?」

 

と声をかけて探す方法もあります。

 

自分の持ち家を売るなら、宅地建物取引士
の資格がなくても売ることは可能です。

 

不動産業者に依頼すると「仲介手数料」が
必要になりますが、

 

自分で探して売買取引をするなら、
仲介手数料の経費は必要ありません
ので、

 

売った後の手もとに残るお金が多くなります。

 

不動産業者に仲介を依頼した時の手数料

 

自分で買い手を探すのは面倒・
わからないという方は、

 

「不動産業者に依頼して買い手を探してもらう」

 

ことができます。

 

ほとんどのユーザーはこの方法で一軒家や
マンションを売却しています。

 

もし売却が成立した場合は、仲介不動産
業者に手数料を支払います。

 

手数料は、「売却金額」によって、
パーセンテージが変ってきます。

 

200万円以下の部分 取引額の5%以内
200万円超400万円以下の部分 取引額の4%以内
400万円超の部分 取引額の3%以内

 

※この数字は法律で決まっています。

 

実際の売却金額に対する手数料の例

 

例えば2,000万円で一軒家が売却
できた場合の手数料は、

 

200万円以下の部分 200万円×5%=10万円
200万円超400万円以下の部分 200万円×4%=8万円
400万円超の部分 1600万円×3%=48万円

 

10万円+8万円+48万円=66万円

 

66万円(消費税別)となります。

 

ご自身で売却できればこの金額分を
省けますが、ほとんどの方は自分で
家を売るより、やはりプロに依頼して

 

できるだけ早く、そして売買契約書に
不備がないように売却することを
優先しています。

 

注意点 相場を知らないと信用がなくなる

 

個人間で家の売却購入の取引をするにしても、
不動産業者に仲介の依頼をするにしても、

 

買い手側が、

 

「売却価格はおいくらですか?」

 

と聞いてくるわけですから、

 

その質問に対して、自分の家の売りたい
価格を提示しなければなりません。

 

例えば個人間取引の場合、普段何かしらの
付き合いのある知り合いの相手に、

 

単に高く売りたいからといって、
適当に根拠のない相場よりかけ離れた高い
値段を提示してしまうと、

 

もしかすると、不動産の相場に詳しい相手
との取引なら、「法外な価格」ととられてしまい、

 

その後、家の売却どころか人間関係にも
信用にヒビが入ってしまうというような
こともあるかもしれません。

 

またその逆で、相場よりかけ離れた低い
価格で売ってしまえば、

 

ある意味「損をしている」ということになるでしょう。

 

売値をいくらにするか?

 

はもちろん、売る人が自由に決めても
いいのですが、

 

法外な高い価格をつけて、それですんなり
決まるということはほぼないでしょう。

 

「売りたいので買ってほしい」というので
あれば、誠意をもって買い手に相場価格を
基準とした価格を提示するのが常識です。

 

「正しい相場を知る」方法としては、

 

次に解説する、一軒家の売却相場の目安「4つの公的地価価格」

 

で調べておく、

 

さらに実用的に利用できる
「不動産無料一括査定」
で複数の不動産業者に
査定見積もりを申し込んでおく
のがベストです。↓

 

 

topに戻る

一軒家の売却相場の目安「4つの公的地価価格」

不動産業者が見積りする
一軒家の売却相場とは別に、

 

私たち一般ユーザーが目安にできる、

 

公的機関が発表している地価価格

 

があります。

 

それが、

 

  • 公示価格
  • 基準地価格
  • 相続税評価額(路線価)
  • 固定資産税評価額

 

と呼ばれるものです。

 

この中には実際に不動産取引が
された価格などもあり、

 

ひとつの目安ととして大変有効になります。

 

 

topに戻る

不動産業者で相場を知る、他のメリットもある

そのためにも、売り手側が不動産売買に
あまり精通していないという方であれば、

 

やはり多少経費が掛かっても、専門の不動
産業者に仲介に入ってもらい、あなたの家や
土地の相場を基準に売り出し価格を提示して
もらうのが王道といえます。

 

不動産業者に仲介の依頼をすると、

 

先ほどの申し上げた、

 

「相場からかけ離れた販売価格」
にならないための注意点の問題が
解消できます。

 

不動産業者に「家を売りたい」という
相談を持っていけば、

 

その土地、建物の正しい相場価格を
査定・計算してくれます。

 

もちろん、売る人の希望の価格も
聞いてくれます。

 

その価格で売れるかどうか?

 

のアドバイスを受けることもでき
ますので、参考にできます。

 

他にも、家を売る場合は土地の鑑定や、
登記の仕方など、

 

書類や手続き上の決まりも割と
複雑な面があります。

 

それらをスムーズに完璧にこなす為にも、

 

専門の業者に依頼すれば、手ほどきを
受けることができるので、自分だけで行う時の
労力をかなり省くことができるメリットもあります。

 

「売り手」と「買い手」が集まれば効率が良い

 

しかも、不動産会社には「家を売りたい人」と
「買いたい人」が集まる場所ですから、

 

「家を買いたいか?欲しがっているか?」

 

ということもわからないあなたの個人間
での知り合いに、声をかけるより、

 

今まさに同じ目的を持った「売り手」と
「買い手」が集まるところに依頼しておく
のは、効率よく家が早く売れるというメリット
も生まれてくるのです。

 

では、

 

どの不動産会社に相談・依頼すればいいか?

 

について、さらにおすすめの方法を
ご紹介します。↓

 

 

topに戻る

マイホーム・一軒家売却の税金について

一軒家のマイホームを売却
する際の税金について、

 

知っておくと損をしない法律や
税額については必ず御覧ください。

 

 

topに戻る

 

一軒家や不動産を売るベストタイミングを知っておけば失敗が少ない

 

失敗のない一軒家の売却のために
相場の考え方を理解できれば、

 

次に一軒家や不動産が

 

「できるだけ高く売れるタイミング」

 

の考え方や方法についても学んでおいてください。

 

不動産価格は「全体の経済の状況」
にも左右されます。日本の経済の現状
などを考えるとまさに「今が売るべきタイミング」
と考えることができます。↓

 

 

topに戻る

便利な家の売却の査定システム「無料一括査定」でマイホームの売却価格の相場を知っておく。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

家を売却する際の相場について、
正しく知る方法を理解していただけ
たでしょうか?

 

さらに、家の売却で知っておいて
損をしないお話しもあります。

 

便利な家の売却の査定システム

 

不動産業者は「家や土地の売値の相場」
に基づいて販売価格を正しく提示して
くれるのですが、

 

たくさんの不動産会社の中から売却査定
の依頼をする際、

 

最近は多くの方が使っている便利な方法が
あります。

 

 

まずは、こちらのシステムを使って
あなたの家や土地の売値の概算査定
を知っておくと、

 

数社の不動産業者の査定を比較すること
ができ、より高く売れる可能性が高まります。

 

家の売却での注意点 参考情報

 

さて無事に「家や土地の売値の相場」に
基づいて販売価格が決まり、

 

いよいよ買い手の募集の広告を始める
ことができたなら、

 

その後にも注意しておく点が幾つかあります。

 

あなたの家が損をせずスムーズに売れるよう
にするためにも知っておいてほしい内容
ですので

 

あわせてご覧ください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

topに戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

マンションを高く売却ための3つのポイント。売る時期や相場について
あなたのマンションを売るために覚えておくとメリットのある方法や手順について。不動産売却一括査定などあらゆる方法を深掘りしてみました。
離婚で家を売る時、家のローンが残っていても売却できるたった一つの方法とは?
予想していなかった離婚で家を売ることになっても慌てる必要はありません。ローンが残っている家をできるだけ高く売却する無料一括査定の売り方を分かりやすくご紹介します。
空き家を売却する前にリフォームをどこまでできるか考えてみる
家を売却したい理由によっては,、売却せずにリフォームを行ってそのまま住み続ける方が得策の場合もあります。その基準やメリットなどをご紹介します。
家を売却してローンが残る時でも売却できる3つの方法
ローンが残っている家を売るときはいくつかの注意点があり、場合によっては思うように売却できない場合もあります。それらの詳しい状況や対策などをご紹介します。
「相続した家」を売却した時の譲渡所得の税金Q&A
相続や贈与で取得した家の所有期間の考え方など、相続した家を売却したときの税金にまつわるポイントをご紹介します。
家を売却せず貸家にして賃貸経営で収益を上げるビジネスを考えてみる
所有の空き家などをリフォーム・イノベーションして賃貸オーナーとして活躍する方法や事例をご紹介。
安くなる方法はある?家を売却した時の住民税と所得税の計算
土地や建物を売った時には分離課税として住民税や所得税がかかります。この税金を安くすることはできるのか?が解ります。
家の売却査定方法ならネット完結一括無料査定3つの不動産一括無料査定額の相場を比較
最新の「不動産無料一括査定サイト」のご紹介です。空き家・持ち家などの一軒家の売値相場を知っておくために便利な無料査定の特徴やポイントを理解して上手に利用しましょう。
家の売却の体験談 ネット申込み査定サイトのよかった点、悪かった点
インターネットを使って不動産の一括査定た体験談をお話しいただきました。料金や注意点、査定会社の比較などについてお話します。
家の売却の正しい「評価額」を知るわかりやすい方法
マイホームを売るとき、売り出し価格はいくらが妥当なのか?計算の項目や考え方などをわかりやすく解説します。
「家を早く売りたい」と焦ると結局損をする理由
家を早く売りたいときのメリットとデメリットや高く売る方法について。